長久手市社会福祉協議会トップページ > 福祉実践教室・出前講座

福祉実践教室・出前講座

 市内の小中学校、自治会の集まり、市内の公共施設などで福祉実践教室、出前講座を開講しています。
「福祉実践教室」とは、地域で共に暮らすために障がいを持っている方や高齢になって自立した生活が難しくなった方を理解し、ひいては自分自身が幸せに生きていくための知識を身につけるものです。
「出前講座」はボランティア団体の皆さんのスキルや技術を広く伝えていくためのものです。
 みなさまの集会や勉強会にぜひお呼び下さい。

福祉実践教室

 一言で「障がい」と言っても様々な形があります。高齢になるとこれまでは普通にできたことが難しくなることもでてきます。地域に住む皆さんの理解や手助けでみんなが一緒に地域で暮らしていくことができます。社会福祉協議会では、社会福祉への理解と関心を高める教室を実施しています。障がいをもつ人もそうでない人も、共生していける世の中にする第一歩です。

●福祉実践教室のメニュー例
車いす体験、高齢者疑似体験、要約筆記講座、手話講座、視覚障害者へのガイドヘルプ、
盲導犬・介助犬の理解、点字体験、認知症サポーター養成講座
(高齢者疑似体験セットなど、お貸しすることも可能です。ボランティアセンターまでお問合せください。)

●教室の進めかた
 以下の書類一式を提出して下さい。社会福祉協議会が講師を探し、ご希望の日にご希望の場所で教室を実施します。
 (1)児童・生徒の福祉実践教室実施申請書  様式②-1ダウンロード様式②-2ダウンロード
 (2)児童・生徒の福祉実践教室の概況調査  様式③ ダウンロード

出前講座

 ボランティア団体のみなさんのスキル(技術)を活用して、広めていくことが目的の「出前講座」です。現在は、防災や障がい者支援にかかわるボランティアの方々を中心に行っています。「イベント・講座を手伝って欲しい!」「ボランティア体験の話を聞かせて欲しい!」などの声に応えて皆さんがご希望する場所へ講座を「出前」します。是非、ご相談ください。

 ●提出書類 ・・・ボランティア出前講座 申込書ダウンロード